ドラッグストアの美白サプリはどんなのがあるの?

美容
ダイエットの基本は食べて痩せる
たくさん食べても脂肪分が付きにくいのはゼニカルからの医薬ダイエット

ピンクで綺麗なデリケートゾーンへ
美白クリームの進んだ使い方。デリケートゾーンのケアでお手軽にワンランク上の美容を手に入れますか?
医薬クリームですので安心です。

ピンクで綺麗な乳首が欲しいですか
美白クリームはお肌だけではありません。シミやクスミの原因を取り除ける美容クレームでワンランク上の美容を手に入れませんか!
医薬クリームですので安心です。

ヒトプラセンタクリームは三越屋から
ヒトプラセンタは安全なヒト由来の成分です。ブタプラセンタなどの動物由来ではございません。安心・安全な成分で老化が予防できるクリームです。
大手製薬メーカから提供される嬉しい成分です。

お肌のシミやクスミのメンテナンスにユークロマプラス
ハイドロキノンがお肌の代謝が活性化!
シミやクスミなどの気になる所にピンポイントな使い方もできますね。
医薬クリームですので安心です。

ユークロマプラスで美肌を取り戻したいですね。
「 ハイドロキノン」と「 トレチノイン」の2つの主成分で肌の新陳代謝も高める美容系クリニックでも処方される美白効果のあるクリーム薬です。 医療系メーカ抵抗のクリームですので安心です。

美白を目指すには医薬品を利用するのが最もコスパが良いですが、経済的な余裕がある人と、より美を求めるならばサプリで必要な栄養素を補充する必要もあります。
ドラッグストアにはビタミンから様々な商品がありますね。メーカー側も利益を上げるために効果がない製品お販売されていますので、利口な消費者になりたいですね。

美白サプリといわれる種類と成分

体の内側から肌を白くする方法として、美白効果のある栄養を摂れば良いと考える人は多いと思います。
しかし、忙しくて外食が多かったり、思ったように栄養のある食べ物を用意出来ないというときはサプリメントを使ってみてはいかがでしょうか。
ですが、美白効果があると銘打っているサプリはいっぱいあるけど、美白サプリを飲めば本当に肌が白くなるの?そんな疑問に答えるためにどんな美白サプリがあるのか効果や副作用、そして留意点などを調べました。
また、美白サプリの上手な選び方についてもまとめてみました。

美白サプリの成分

美白を目指すには日々続ける事が肝心ですが、そうなるとスキンケア商品にかかるお金もバカになりません。
そんなときに手軽に買えて、お値段も抑えめなドラッグストアのプチプラ商品はとても助かりますね。
今回はプチプラ商品の中でも美白サプリについてスポットを当てたいと思います。

美白サプリの種類と成分

体の内側から肌を白くする方法として、ビタミンCなどの野菜や果物を考える人は多いと思います。
もちろん、お菓子や飲料にもビタミンが添加されたりもしてますね。
忙しくて外食が多かったり、思ったように栄養のある食べ物を用意出来ないというときはサプリメントを使ってみてはいかがでしょうか。でも、美白効果があると銘打っているサプリはいっぱいあるけど、美白サプリを飲めば本当に肌が白くなるの?そんな疑問に答えるためにどんな美白サプリがあるのか効果や副作用、そして留意点などを調べました。
また、美白サプリの上手な選び方についてもまとめてみました。

美白サプリの成分

美白サプリの成分

くすみやシミに効果があるとされる栄養素の中で、多くのサプリに配合されている成分はどんなものかを見てみましょう。

ビタミンCビタミンCには酵素を阻んで、メラニン生成が作られるのを抑制する還元作用があります。
日焼けで作られる活性酸素を分解して肌の老化を防ぎ、コラーゲンが生み出されるのを促進して新陳代謝を促す力があるので美白に効果があります。
ビタミンE若返りのビタミンとされるビタミンEには抗酸化作用があります。
ビタミンEは毛細血管を広げて血流を改善し、代謝を促して白くてツヤとハリのある肌を作ります。
ビタミンAコラーゲンが作られるのを促して抗酸化作用があるのがビタミンA。
体内でこれが減ると日焼けしやすくなってしまいます。
ビタミンAを補えば、日焼けをガード出来るということです。
リコピンカロテノイドの中でも特に強い抗酸化作用をもつのがリコピン。
活性酸素を除去し、メラニンを黒くするチロシナーゼの働きを抑えて肌を白くします。
システインL-システインという構造で自然界に存在するアミノ酸の一種です。
メラニンの元になるチロシンを黄色から肌色に変えて黒くなるのを防ぎます。
肝臓ではメラニンが黒くなるのを抑制する成分が作られますが、このL-システインには肝機能を改善する力があり、こういったポイントでも美白効果があります。
エラグ酸エラグ酸は天然ポリフェノールの一種で、抗酸化作用が高いです。
メラニンが生成されるのを抑え、美白効果があります。
トラネキサム酸トラネキサム酸はアミノ酸の一種で、抗炎症作用がありメラニンが作られるのを抑え、特に肝斑への改善の効果があると期待されている成分です。

その他、ビタミンB2、βカロテン、亜鉛、コラーゲン、アミノ酸、ハトムギ、プラセンタ、ザクロエキス、大豆、ラズベリーエキス、なたね等が挙げられます。

ビタミンの特性と美白効果の比較

ビタミンと言っても全てのビタミンが美肌に効果があるわけでなく、美白効果のあるビタミンはCとEに限られてきます。

ビタミンC

ビタミンCはメラニンの生成を抑えてお肌に沈着するのを防ぐ働きがあり、またコラーゲンの合成を助けるためお肌のハリを持続させます。
その様な訳でお肌の白さの維持に期待する事が出来ます。

また、ビタミンEと併せて摂取する事でも更なる相乗効果を期待する事が出来ます。

ビタミンE

ビタミンEは身体の血流を改善して活性酸素を除去し、お肌の老化を抑えてターンオーバーを正常に促します。
色素の沈着を遅らせてお肌の白さを持続させる事が出来ます。

ビタミンCと同じく紫外線からお肌を守る働きがあり、しかも皮膚に塗布しても効果を期待する事が出来ます。
CとEの両方が豊富に含まれているのはかぼちゃであり、およそ100gだけで充分な摂取量を摂取する事が出来ます。

ビタミンA

ビタミンAが不足すると粘膜が弱り、お肌が乾燥しやすくなってカサカサしてしまいます。

逆に摂取し過ぎてしまうと余剰分のビタミンAが肝臓に蓄積され、頭痛や吐き気などの症状を起こしてしまいます。
悪化すると脂肪肝になりやすくなってしまいます。

妊娠中に摂取し過ぎてしまうと子どもの奇形児になる確率が高まってしまいます。

しかし、ビタミンAとなるβカロテンの場合はお肌が黄色くなるだけで悪影響にはなりません。

美白サプリ選びのコツ

美白サプリ選びのポイント

  1. 天然成分配合
  2. 自分の肌の悩みに合った成分
  3. 使い続けられる価格

天然成分ならば、原材料欄にザクロエキスやローズヒップといった原材料名が記載され、化学成分ならば成分名が記載されます。
ただし、L-システインは天然原料からあまり抽出されないので化学成分で記載されています。

美白効果の高い化学成分も中にはありますが、出来るなら体への負担が少ない天然成分配合の美白サプリを選んで下さい。
また、サプリメントは毎日服用して少なくとも3ヶ月以上は様子を見るものです。

服用を中断してしまったら、それまでの効果も無駄になってしまいますので続けましょう。
高いサプリを選んでも、飲み続けられないなら意味がありませんので購入し続けられる商品を選びましょう。

ビタミンC・ビタミンE・L-システインなどは体に蓄積されませんから、1日2~3回に分けて飲むことが推奨されています。
容量や用法はよく読んできちんと守ってください。

美白サプリの服用時の留意点

美白サプリの服用時の留意点

美白サプリは万能ではなく、いくつか留意点がありますのでそれを確認してみましょう。

美白サプリには即効性は無いのであくまで補助と考える

上記に書かれているとおり美白サプリ成分の働きは、シミなどの色素沈着を防いだり薄くなるように改善する効果があるのが分かります。

肌の調子が体内から整えば、新陳代謝が良くなって美白化粧品も浸透しやすくなります。
また、美白サプリには飲むことによって有効成分が身体全体に届くメリットもあります。
シミが顔だけでなくて体全体にある場合、美白サプリが向いていると言えます。

ただし、サプリはシミにピンポイントで作用するという速効性はありません。
美白コスメと併用することで、美白力をトータルで高める物と考えた方が良いです。

現代の食生活では加工食品や外食が多くなりがちで、美白に効果のあるビタミンやそれ以外の栄養が足りなくなると、せっかくの美白化粧品の効果も薄れてしまいます。
それを補うのが美白サプリメントです。

飲み合わせによる成分の過剰摂取に注意

注意したいのは成分の過剰摂取です。

1種類のサプリメントなら、それぞれ成分の推奨摂取量の範囲内に収まりますが、サプリを何種類か一緒に飲んでしまうと成分が重複して上限を超える場合があります。

例えばビタミンCの摂取推奨量は1日100mgです。
この推奨量を超えて過剰摂取してしまうと、下痢や腎・尿路結石が起きてしまうことがあります。

ビタミンEは推奨量は6mgです。
過剰摂取すると出血しやすくなってしまったり、骨粗しょう症になってしまう危険性が高まります。
こういった過剰摂取は注意しなければなりません。

それに各成分に対して自分のアレルギーにも気を付けて下さい。
肌状態が不安定になりやすい妊娠中には、控えた方が良いサプリもあります。

powered by 三越屋-個人輸入代行

コメント

タイトルとURLをコピーしました